設計によるセレンディピティ

"The world around you is not what it seems."

1/n Σ は ”割り勘” (笑)

『「成功確率が高いアイデアを成功確率が高い順番で繰り出す」』(p.31)

分散  \sigma^ 2  { \frac{ 1 }{ N } \Sigma}

「”割り勘”と理解すれば良い」(p.44)

って書いてて,めちゃくちゃわかりやすい \land 面白い