設計によるセレンディピティ

"The world around you is not what it seems."

NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」 第5回「満たされない心」

第5回「満たされない心」

「頑張れば頑張るほどむなしい・・・どうしたら心が満たされる?」Aさん(39歳女性)

家事や育児に追われ「心が満たされない」という女性の悩みに,
中国の春秋時代末期 紀元前770-紀元前403 にいたとされる,哲学者・老子の思想が思想が紹介される.

老子は,

無為~ありのままに生きる

と言う.

無為とは,何ら作することく ありのまま ということ.

次に,老子

足るを知る

と述べる.

人は足りないものばかりを追い求め,足りているものには目がいかなくなりがちだが,足りているものに目を向け,自分を見つめることで,心が満たされるかもしれません.


ゲストのお悩みはダイアモンド☆ユカイさんの
「エロスの気持ちをコントロールできない」

哲学の世界には3つの愛がある

  1. アガペー(イエス・キリストが実践した無償の愛)
  2. フィリア(アリストテレス 友人や仲間を大切に思う友愛)
  3. エロス(プラトン 美しい存在に近づきたいという人間が本来持ってる欲望,求める愛)

古代ギリシャの哲学者・プラトンは,

人は完全なものを求める

と考えた.

人は不完全なものだから,完全なものを求めるのは宿命.それゆえ,エロスが湧いてくるのは当たり前だから受け入れるしかない.だけれどエロスは肉体的なものだけでは無い.

プラトンに対して,
18世紀ドイツの哲学者・カントは,

自分を律して自由を感じよ

と主張する.

自分を律する(=理性で抑える)ことが出来なければ,将来,今よりも自由が無くなる.だから,自分を律して,今の自由を感じよ,という意味です.

饗宴 (岩波文庫)

饗宴 (岩波文庫)

『饗宴』はエロスについて書かれた本です.