設計によるセレンディピティ

"The world around you is not what it seems."

NHK 「世界の哲学者に人生相談」 第6回「幸せになるには?」

第6回「幸せになるには?」

「家庭内の状態が最悪 どうしたら"幸せ"になれる?」(30代女性)

この問いにラッセル,ヒルティ,アランが手を挙げる.
この3人は19世紀から20世紀にかけて活躍した哲学者.
3人とも幸せについて論じている.
中でも特にアランが一般の人になじみやすい幸福論を説いている.

アラン(1865-1951)は,高校教師として生徒と触れあいながら,より具体的な哲学を深めた.

幸福論 (岩波文庫)

幸福論 (岩波文庫)

アランは,

幸福は他人に対しても義務である なぜならば幸福は人に伝染するからだ

悲観主義は感情によるもの 楽観主義は意志によるものである

という.

ネガティブに捉えられがちな雨の日を例に,不幸をポジティブに切り替える考え方が提示される.


ゲストのお悩みは元宝塚の遼河はるひさんの
「舞台の時に緊張 どうすればいいのか?」

20世紀最高の知性の一人・イギリスのラッセル(1872-1970)が応える.

緊張屋だったラッセルは,うまくいこうが失敗しようが広い宇宙にはなんら変化はないじゃないか,と考え

宇宙規模から自分をとらえよ

と述べる.