読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設計によるセレンディピティ

"The best way to predict the future is to invent it. " ∧ "The future is here. It's just not evenly distributed yet."

シンギュラリティを生きるヒトの過渡期について

カーツワイルは特異点が21世紀末までに起きると確信しており、その時期を2045年としている(カーツワイル、2005年)それは例えば,死が必然ではなくなったりする,と言うこと.

無くなった友人に涙している人を見て思ったのだが,

ヒトは,本当に死を免れたいのか?

死が必然な現在の場合,周りの友人がだんだんと亡くなっていけば,自分だけ長生きしたいという欲は薄れていくのではないだろうか?

しかし,特異点を過ぎ,周りの友人の多くが亡くならなければ,長生きは欲ではなくなり,現在の平均寿命のように当たり前になるかもしれない.逆に死にたいという欲求が強くなるかもしれないが.


2045年に特異点をむかえると仮定するならば,1980~2000年生まれ位がその過渡期にいるのではないだろうか.

 

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

 

 

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス