読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設計によるセレンディピティ

"The best way to predict the future is to invent it. " ∧ "The future is here. It's just not evenly distributed yet."

『夢の島』を読んで『境界の現象学』を再読

この記事は,本のAdvent Calendar 2016 の22日目です.

www.adventar.org

22日現在,埋まっていないので興味関心がある方はご参加下さい.


境界の現象学: 始原の海から流体の存在論へ (筑摩選書)日野啓三に興味を持ち,
昨日,夢の島 (講談社文芸文庫) を読了したわけだが

hidenori-t.hatenablog.com

今日は,それを踏まえて

の第六章を読み直した.

無意味,無価値,絶対的なものがより具体的に考えられた.
東京の夢の島は,本来の自然であるウィルダネスの海に,都市から出たゴミを廃棄し,人間がテリトリーを作り,ドメスティックな場所にする.
その場所が都会に進化し,次に都市に進化することでウィルダネスに回帰する.

僕も日野が望んでいたように,無価値な存在,無意味な存在になりたいが,廃物のような存在になることは果たして,本当に良いことなのか?