設計によるセレンディピティ

"The world around you is not what it seems."

NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」「仕事?家族?中途半端な自分が許せない」

「子育てと仕事、両方が中途半端」(26歳 女性) という悩み1

20世紀の生粋のパリジャンの哲学者,ジル・ドゥルーズ(1925-1995) の思想が紹介される.

ニーチェ,カント,ベルクソンなどの哲学を研究した人で彼らの哲学がドゥルーズ哲学の原点

ドゥルーズは,友人の精神科医 フェリック・ガタリと哲学 思想をユニークな言葉で表した.

例えば,世界は卵である

卵という言葉を使い,世界は潜在的な多様性を秘めていることを示した.

他にも,生成変化,欲望する機械,襞(ひだ),器官なき身体,無限の速度での俯瞰 という言葉を使った.

ドゥルーズは, リゾームになり 根にはなるな 何かを生み出すのは つねにリゾームを通してだと述べる.

リゾーム(地下茎)という概念は,グチャグチャで始まりも終わりもなく中心もない.


思考実験は「タブー」がテーマ.

フランスの哲学者ジョルジュ・バタイユ(1897-1962)はタブーを肯定している.

禁止と侵犯は相補関係にあると考えた.


ゲストの悩みは橋本マナミさん 「生クリームがやめられない」

19世紀スイスの裁判官としても活躍した法学者,哲学者カール・ヒルティ(1833-1909)

ヒルティは, 生活を健康で力強いものにしたければ "正しい喜び"を持つようにしなさいと言う.

19世紀デンマークの「不安」「絶望」などがテーマ 実存主義の先駆者といわれる哲学者,セーレン・キルケゴール(1813-1855)

キルケゴールは,ひとは自制せねばならぬ これは あらゆる享楽の主要条件だと言う.